ゲーンカリー イエローカレー

タイ料理:ゲーンカリー【イエローカレー】(แกงกะหรี่)

タイ料理「ゲーンカリー」は、日本人に聞きなじみのある言い方で言うと「イエローカレー」です。タイのカレー「ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)」「ゲーンペット(レッドカレー)」と比較すると、辛くなく日本人の口に合うのがゲーンカリーです!

ゲーンカリー(イエローカレー)の基本情報

ゲーンカリー、イエローカレー
料理名 ゲーンカリー(แกงกะหรี่)
英語名 Thai Yellow Curry
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ゲーン:汁物、カリー:カレー
特徴 イエローカレー
辛さ ★~★★(辛くないタイ料理)

ゲーンカリー(イエローカレー)はどんな料理?

ゲーンカリーはタイのカレーの中で有名なカレーのひとつ「イエローカレー」です。

タイの3大カレーといえば、

の3種類のカレーですが、イエローカレーはその中でも最もまろやかでクリーミーなカレーです。

辛い料理が多いタイ料理の中でもゲーンカリーは辛さが控えめなので、日本人にも人気があるタイ料理のひとつです。

\ ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)とは /

\ ゲーンペット(レッドカレー)とは /

ゲーンカリーはどんな味?

ゲーンカリー、イエローカレー

ゲーンカリー(イエローカレー)はタイ南部地方のカレーなので、イスラム文化の影響がとても強い料理です。

そのため具材には牛肉などは使わず鶏肉やジャガイモを使用します。

見た目の黄色の正体はターメリックによるもので、風味豊かなターメリックやさわやかな香りをつくるカルダモンやシナモン、甘みのあるクローブなどさまざまなスパイスを使用します。

そして最大の特徴でもあるゲーンカリーのまろやかな味わいとコクは、ココナッツミルクやココナッツクリームが入っているからです。

ゲーンカリーはタイ南部の料理

タイ 南部料理

ゲーンカリーはタイ南部の料理で、南部地方の料理はイサーン地方の料理と比べるとあまりメジャーではありません。

タイ南部地方の料理の特徴として「辛い」といった特徴や、南インドの影響を受けている為スパイスの香りが強い料理、イスラム文化の影響を受けている料理が多くあります。

ゲーンカリーは辛い?

タイのカレーというと「辛い」というイメージがあるかもしれませんが、ゲーンカリーはタイのカレーの中で最も辛くないカレーです。

少量の辛さはありますが、辛いと感じるほどの辛さではなく日本のカレーの辛さと同じくらいなので、辛いのが苦手な方でも気軽に挑戦できるタイカレーです。

ゲーンカリーは、

  • 辛くない
  • まろやかでクリーミー
  • 具材にはジャガイモや鶏肉

など、比較的食べやすいタイのカレーとして日本人からも人気のあるタイ料理です。

辛いのが苦手だけど、タイのカレーを食べてみたい!という方にはおすすめのタイ料理です。

\ すべてのタイ料理をみる /

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. ゲーンカヌン

    タイ料理:ゲーンカヌン(แกงขนุน)

  2. カポプラーナムデーン

    タイ料理:カポプラーナムデーン(กระเพาะปลาน้ำแดง)

  3. タイ料理:ガオラオルーアッムー(เกาเหลาเลือดหมู)

  4. ゲーンホ

    タイ料理:ゲーンホ(แกงโฮะ)

  5. ゲーンノーマイ

    タイ料理:ゲーンノーマイ(แกงหน่อไม้)

  6. タイ料理:タイスキ(ไทยสุกี้)

  7. タイ料理: トムセープ(ต้มแซบ)

  8. ゲーンリアン

    タイ料理:ゲーンリアン(แกงเลียงกุ้งสด)

  9. ゲーンペットファクトーン

    タイ料理:ゲーンペットファクトーン(แกงเผ็ดฟักทอง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事