タイ料理:ヤムヌア(ยำเนื้อ)

タイ料理「ヤムヌア」。ヤムは元々“和える”という意味ですが、タイではヤムといえば、サラダという意味でも使われています。牛肉にさっと火を通し、玉ネギ、パクチー、トマトなどをナンプラーやライム、唐辛子で和え、味は酸っぱくて辛いのが特徴です。


ヤムヌアの基本情報

ヤムヌア
料理名 ヤムヌア(ยำเนื้อ)
英語名 Spicy Thai beef salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ヤム:混ぜる・和える(タイではサラダのことをヤムという)、ヌア:牛
特徴 タイ風牛肉のサラダ
辛さ ★★〜★★★(辛い料理)

ヤムヌアとはどんな料理?

ヤムヌア

ヤムは元々“和える”という意味ですが、タイではヤムは「サラダ」という意味でも使われます。

ヌアは「牛」という意味があり、ヤムヌアは「牛肉のサラダ」ということになります。

ヤムヌアは、牛肉にさっと火を通し、玉ネギ、パクチー、トマトなどをナンプラーやライム、唐辛子で和えるため、味は酸っぱくて辛いのが特徴です

同じような料理に豚肉が使われたヤムムーがあり、昔はタイではあまり牛肉を食べる文化がなかったため、ヤムムーの方が一般的かもしれません。

ヤムヌアはどこで食べることができる?

ヤムヌア

ヤムヌアはイサーン地方の郷土料理なのでイサーン地方ではよく食されていますが、じつはタイではまだまだ牛肉は一般的ではなく、バンコクのような大都市でもどこでも食べられるようにはなっていません。

スーパーなどにも牛肉は置かれるようになりましたが、牛肉を食べられる場所は確実に増えてきてはいますが、屋台はおろかフードコートでもヤムヌアがないところの方が多いのが現状です。

合わせて、あまり質のいい牛肉が出回っていないという事情もあるので、事前に口コミなどで評判のいい店を探しておいた方が間違いないでしょう。

タイでは牛肉は食べない?

タイ マクドナルド

タイでは圧倒的に鶏肉と豚肉が好まれていて、鶏肉と比べると牛肉は1/4ほどの量しか生産されていません。

理由としてはいくつか挙げられますが、「宗教的理由で食べない」人は日本人が想像するよりも多く、あとは単純に「美味しくない」ことも大きな理由のようです。

今は大都市では、牛肉の代名詞である牛丼の吉野家やハンバーガーのマクドナルドなども何店舗もあるので、だいぶ状況は変わってきているようですが、やはりタイの肉の王様は間違いなく「鶏肉」です

ちなみに、タイの吉野家もマクドナルドも、牛肉よりも鶏肉と豚肉のメニューの方が多くなっているのも面白いですね。

関連記事

  1. スップマクア

    タイ料理:スップマクア(ซุปมะเขือ)

  2. ヤムプラードゥックフー

    タイ料理:ヤムプラードゥックフー(ยำปลาดุกฟู)

  3. ラープペッ

    タイ料理:ラープペッ(ลาบเป็ด)

  4. ヤムフアプリー

    タイ料理:ヤムフアプリー(ยำหัวปลี)

  5. タイ料理:タムマムアン(ตำมะม่วง )

  6. タイ料理:プラークン(พล่ากุ้ง)

  7. タイ料理:ヤムカイダーオ(ยำไข่ดาว)

  8. タイ料理:ソムタムスワ(ส้มตำซั่ว)

  9. タイ料理:ムーマナオ(หมูมะนาว)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事