タイのスイーツ:カオニャオマムアン(ข้าวเหนียวมะม่วง)


カオニャオ・マムアンとは

料理名 カオニャオマムアン(ข้าวเหนียวมะม่วง)
英語名 Thai mango Sticky rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40100バーツ(約120300円)
意味 カオニャオ:もち米
マムアン:マンゴー
特徴 ココナッツミルクと砂糖、塩で炊いたもち米にマンゴーをのせたタイの定番お菓子

カオニャオマムアンはどんなデザート?

カオニャオマムアンはココナッツミルクと塩、砂糖で甘く炊いたもち米に、一口大にカットしたマンゴーを添えたタイ定番のデザートです。

日本人にとっては、甘いもち米にマンゴー?という感じではないかと思いますが、食べてみるともち米とマンゴーがねっとりしており、優しい甘さでとても美味しく人気のデザートです。

ただ、日本人には、もち米=お餅というイメージが強いので、つぶつぶとした食感と甘い味付けは、もしかすると好みが別れるところかもしれません。

 カオニャオマムアンはどこで食べることができる?

カオニャオマムアンは定番スイーツなので、町のどこでも食べることができます。変わったところでは、水上マーケットなどでも買うことができ、専門店などもあり大人気です。

レストランやフードコートもいいですが、屋台だと40バーツ程度なのが、高級なレストランでは100バーツと結構な価格差があったりします。

カオニャオマムアンはお持ち帰りで購入することが多く、比較的どこで食べても味が安定しているので、値段の安い屋台の方がお得でおすすめです。

タイの果物の王様 『マンゴー』

近頃では日本でも、だいぶマンゴーが食べられるようになってきました。ただそれでもまだまだ一般的ではないですね。

タイでマンゴーは、日本のりんごやみかんのように、広く一般的に食べられています。一言でマンゴーといっても何十種類もあり、用途に応じて食べ分けられています。

マンゴーが最も熟すのが3〜5月で、この時期のマンゴーは特に甘く、街のいたるところでマンゴーが売られています。

マンゴー:ナンドクマイ種

ゴールデンマンゴーと呼ばれるナンドクマイ種は、黄色く尖っているのが特徴で、味は繊維質が少なく、素晴らしい甘さが人気です。

マンゴー:ラッド種

変わったところで、ラッド種のように青いマンゴーもよく食べられます。果肉は固く、ポリポリという食感を楽しみます。味も甘味よりも酸味が強く、暑いタイではおやつ代わりに好まれているようです。

熟す前の青いマンゴーも、野菜のように扱われて、ソムタムなどによく使われていますので、ぜひ試してみてください。



関連記事

  1. カオニャオダム

    タイのお菓子:カオニャオダムピアック(ข้าวเหนียวดำเปียก)

  2. タイのお菓子:カノムブアン(ขนมเบื้อง)

  3. タイ料理:ロティ(โรตี)

  4. カノムピアックプーン

    タイのお菓子:カノムピアックプーン(ขนมเปียกปูน)

  5. アイティムロート

    タイのデザート:アイティムロート(ไอติมหลอด)

  6. タイのお菓子:カノムチャン(ขนมชั้น)

  7. タイのデザート:ブアローイ(บัวลอย)

  8. カノムモーケン

    タイのデザート:カノムモーケン(ขนมหม้อแกงถั่ว)

  9. タプティムクローブ

    タイのデザート:タプティムクローブ(ทับทิมกรอบ)

オススメ記事