タイ料理:ガイパットメットマムアン(ไก่ผัดเม็ดมะม่วง)

タイ料理:ガイパットメットマムアン(ไก่ผัดเม็ดมะม่วง)ですが、『ไก่=ガイ(鶏肉)』『ผัด=パッ(炒める)』『เม็ดมะม่วงหิมพานต=メッマムワン(カシューナッツ)』という通り鶏肉のカシューナッツ炒めです。


ガイパットメットマムアンの基本情報

ガイパットメットマムアン
料理名 ガイパットメットマムアン(ไก่ผัดเม็ดมะม่วง)
英語名 Stir-fried chicken with cashew nuts
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ガイ:鶏肉、パット:炒める、メットマムワン:カシューナッツ
特徴 鶏肉のカシューナッツ炒め
辛さ ★(辛くないタイ料理)

ガイパットメットマムアンとはどんな料理?

ガイパットメットマムアン

ガイパットメットマムアンは鶏肉とカシューナッツを甘辛いタレで炒めた料理で、ナンプラーやニンニク、唐辛子、砂糖などで味付けします。

中華料理にも同じような料理はありますが、タイのガイパッメマムアンの方が少しスパイシーな味付けに仕上がっています。

チリ・イン・オイルとも呼ばれるタイ特有の調味料、ナンプリックパオが使われるのもガイパットメットマムアンの特徴の一つです。

ガイパットメットマムアンはどこで食べることができる?

ガイパットメットマムアン

ガイパッメマムアンは食堂やフードコートなど、基本的にどこでも食べることができますが、せっかくタイに行くのであれば注文屋台で食べてみるのはいかかでしょうか。

普通の惣菜屋台では売っているものを買うという感じですが、注文屋台は文字通り、好みの通りに調理してもらうスタイルの屋台です。

オイスターソースを足してもらったり唐辛子の量を減らしてもらったりと、お好み通りに調理してくれます。

難点はタイ語で注文ができないといけないことですが、タイ語が堪能な方や同行者に注文してもらえる状況ならば、ぜひ挑戦してみて下さい。

タイでよく使われる調味料『ナムプリックパオ』とは?

ナムプリックパオ

ナムプリックパオとは、何種類かの香味野菜を油で炒めて作るタイではごく一般的に使われている調味料です。

唐辛子やニンニク、玉ねぎ、干しエビなどを油で炒めて砂糖や塩などを混ぜ合わせてペースト状にします。

別名チリ・イン・オイルというくらいなのでピリッと甘辛い味が特徴で、トムヤムクンに使われていることで有名です。

そのまま野菜につけて食べたり、炒め物にちょっと入れてコクを出したりとタイ料理には欠かせない調味料です。


関連記事

  1. ラープトート

    タイ料理:ラープトート(ลาบทอด )

  2. ガイヤーン

    タイ料理:ガイヤーン(タイ風焼き鳥)

  3. タイ料理:ガイホーバイトゥーイ(ไก่ห่อใบเตย)

  4. ガイパッキン

    タイ料理:ガイパッキン(ไก่ผัดขิง)

  5. タイ料理:サイクロークイサーン(ไส้กรอกอีสาน)

  6. パットペットムーパー

    タイ料理:パットペットムーパー(ผัดเผ็ดหมูป่า)

  7. タイ料理:サイウア(ไส้อั่ว)

  8. タイ料理:ネーム(แหนม)

  9. ルークチンピン

    タイ料理:ルークチンピン(ลูกชิ้นปิ้ง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事