タイ料理:ヤムウンセン(ยำวุ้นเส้น)

タイ料理「ヤムウンセン」は、ヤム(混ぜる・和える)ウンセン(春雨)という名前の通り「春雨サラダ」です。茹でた春雨といイカやエビ、豚のひき肉、タマネギ、セロリ、ナンプラーなどを加えヤム(和え)、最後にパクチーを乗せ完成です。


ヤムウンセンの基本情報

ヤムウンセン
料理名 ヤムウンセン(ยำวุ้นเส้น)
英語名 Spicy glass noodle salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ヤム=混ぜる、ウンセン=春雨
特徴 春雨のサラダ
辛さ ★★〜★★★★(辛いところは辛い!)

ヤムウンセンとはどんな料理?

ヤムウンセン

ヤムウンセンとはヤムが「混ぜる」で、ウンセンが「春雨」という意味があり、ひとことでいうと「タイ風の春雨サラダ」のことで、甘みと辛味、そして酸味が、絶妙のバランスで混ざり合ったタイで人気のサラダです。

具にはエビやイカ、豚肉ミンチなどが使われることが多く、パクチーも必ずと言っていいほど使用され、ナンプラーやライム、唐辛子、砂糖などで味付けをします。

パクチーが苦手な人は、事前に抜いてもらうように頼みましょう。

サラダというと冷たいものというイメージがありますが、ヤムウンセンは冷たくしたりはせずに、茹で上がった春雨や材料をそのまま和えるので、生温かいのが特徴のサラダです。

ヤムウンセンはどこで食べることができる?

ヤムウンセン

ヤムウンセンはタイでは非常にポピュラーな料理なので、基本的にタイ全土どこでも食べることができます。

ヤムウンセンのように酸味のあるサラダは、屋台やレストランで食べるのが人気ですが、特におすすめしたいのは外国人が多い大衆食堂です。

なぜ外国人(観光客)が多いところがおすすめかというと、こういった大衆食堂では英語表記のメニューを用意していることが多く、味付けも外国人向けに辛味をマイルドに抑えてくれるところが多いからです。

というのも、ヤムウンセンはお店によってはとんでもなく辛い場合があり、辛さに慣れていない人だと食べられないくらい辛く無駄にしてしまうこともあります。

金額に関しても…ヤムウンセンは食べるお店によって、結構価格差があります。そういう意味でも大衆食堂はおすすめです。

コンビニのヤムウンセンはいかがでしょう?

タイ コンビニ

タイにもセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニがたくさんあります。

特に多いのがセブンイレブンで、このあたりは日本と同じですがただちょっと違うのがお弁当コーナーです。

タイのセブンイレブンでは、お持ち帰りのお弁当類は日本のようには充実していません。

ただ、中にはとても美味しいお弁当あって、その中の1つがレンジでチンするタイプのヤムウンセンです。

お値段は40バーツ(120円)とお手頃の値段ですが、中身を見てみると、カニカマやひき肉、キャベツやニンジンなど、しっかりと具が入っていて(さすがにエビは入っていませんが)、味も美味しいと好評のです。

小腹が空いた時に、1度コンビニのヤムウンセンを試してみてはいかがでしょう!

関連記事

  1. ヤムサーモン

    タイ料理:ヤムサーモン(ยำแซลมอน)

  2. タイ料理:ポピアソット(ปอะเปึ้ยะสด)

  3. タイ料理:ヤムプラームック(ยําปลาหมึก)

  4. ヤムタクライ

    タイ料理:ヤムタクライ(ยำตะไคร้)

  5. タイ料理:プラークン(พล่ากุ้ง)

  6. タイ料理:ソムタムラオ(ส้มตำลาว)

  7. ネームクルック

    タイ料理:ネームクルック(แหนมคลุก)

  8. カオヤム

    タイ料理:カオヤム(ข้าวยำ)

  9. ソムタムスワ

    タイ料理:ソムタムスワ(ส้มตำซั่ว)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事