タイ料理:ソムタムプー(ส้มตำปู)

タイ料理:ソムタムプーは、絶対に食べてはいけないタイ料理のひとつです。ソムタムプーはソムタムタイをベースに、塩漬けした発酵カニを入れたもので、とても辛く癖のある味で、とても危険なタイ料理でもあります。


ソムタムプーの基本情報

ソムタムプー
料理名 ソムタムプー(ส้มตำปู)
英語名 Thai spicy crab papaya salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ソム:酸っぱい、タム:叩く、プー:カニ
特徴 沢蟹入り青パパイヤのサラダ
辛さ ★★★~★★★★(かなり辛いタイ料理)
危険度 ★★★★★(食べてはいけないタイ料理)

ソムタムプーとはどんな料理?

ソムタムプー

ソムタムプーは、タイ東北部イサーン地方の有名料理であるソムタム(青パパイヤのサラダ)に、塩漬けしたサワガニを乗せたタイのサラダです。

ベースとなる味付け自体は、ナンプラーやニンニク、トマト、ライム、ココナツシュガーなどが使われ、他のソムタムと同じように酸っぱくて辛い味が特徴です。

ただし、サワガニが入ることでかなり強烈な味がするので、食べる人を選ぶ料理といえるでしょう。

ソムタムプーは食べてはダメ!

ソムタムプー

ソムタムプーはイサーン料理店であれば、たいていどこでも食べることができます。

味自体は塩漬けされたサワガニが入ることで、コクが出て美味しくなるのですが、じつはとても危険な料理でもあります。

塩、もしくはナンプラーなどに漬けた生のサワガニを食べるわけなので、寄生虫などもたくさんおり、どう考えても危険ですよね。

実際タイ人でも食べた後にお腹を壊して、病院に行く人がたくさんいるくらいです。

正直、慣れていない日本人にはおすすめできない料理ですが、もしトライしてみるなら屋台は絶対に避け、人気があって清潔なソムタム専門店にしましょう。

日本でも大人気!プー(カニ)を使った料理とは?

プー(カニ)は危険だと解説しましたが、あくまでも生のサワガニが危険なだけで、カニ自体を食べてはいけないわけではありません。

実際、タイには、プー(カニ)を使った有名な料理がたくさんありますが、日本人はまずきちんと火を通した料理から、プー(カニ)に慣れ親しんでいくのが間違いないでしょう。

1番有名でお勧めなのが、プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)と呼ばれる、ワタリガニと卵のカレー炒めです。

辛さもマイルドで日本人の口にとても合うため、日本人に最も人気の高いタイ料理のひとつです。

関連記事

  1. タイ料理:ヤムヌア(ยำเนื้อ)

  2. タイ料理:ミヤンカム(เมี่ยงคำ)

  3. ヤムカイメンダータレー

    タイ料理:ヤムカイメンダータレー(ยําไข่แมงดาทะเล)

  4. ヤムクンテン

    タイ料理:ヤムクンテン(กุ้งเต้น)

  5. タイ料理:ソムタムカイケム(ส้มตำไข่เค็ม)

  6. ソムタムプラーラー

    タイ料理:ソムタムプラーラー(ส้มตำปลาร้า)

  7. タイ料理:ラープガイ(ลาบไก่)

  8. ヤムカイケム

    タイ料理:ヤムカイケム(ยำไข่เค็ม)

  9. タイ料理:スップノーマイ(ซุปหน่อไม้ )

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事