タイ料理:コームーヤーン(คอหมูย่าง)

タイ料理『コームーヤーン』はもともとタイ東北部のイサーンの郷土料理ですが、今ではタイ全土で食されている料理です。豚の喉元の部分を独特のタレに漬け込んだ後、炭火でじっくり焼いた料理で、唐辛子が効いたタレ『ナムジムジャオ』につけて食べます。


コームーヤーンの基本情報

コームーヤーン
料理名 コームーヤーン(คอหมูย่าง)
英語名 Grilled pork neck
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 コー:喉、ムー:豚、ヤーン:炙り焼く
特徴 豚喉肉のあぶり焼き
辛さ ★〜★★★タレ(ナムジムジャオ)がピリ辛で甘酸っぱいのが特徴

コームーヤーンとは?

コームーヤーン

コームーヤーンは『コー:喉』『ムー:豚』『ヤーン:炙り焼く』という名前の通り「豚の喉肉の炙り焼き」という料理です。

タイでコームーと言われる部分は豚の頬から肩のネック(首)部分のお肉(豚ネック)と同じで、日本ではトントロやPトロと呼ばれているお肉です。

バンコクなどの大都市では元々食べられることのない喉肉ですが、食材が貴重だったタイ東北部イサーン地方では広く食べられてきました。

コームーヤーンの魅力は、なんといってもコリっとした歯ごたえ…噛めば噛むほど味が出てきて、脂の乗ったお肉は跡を引く美味しさで日本の豚トロの感覚でどんどん箸が進むこと間違いなし!

コームーヤーンはどんな味?

コームーヤーン

コームーヤーンは豚の喉元の部分を独特のタレに漬け込んだ後、炭火でじっくり焼いた料理です。

豚の喉肉は脂がとっても乗っておりトントロのような味わいで、外側は焦げ目がついて香ばしく内側は噛めば噛むほど脂がしみ出してきます

コームーヤーンは唐辛子が効いたタレ(ナムジムジャオ)につけて食べます。

ナムジムジャオは『甘酸っぱ辛い』のが特徴で、お店によってはとても辛いことがあるので辛いものが苦手な方はこのタレを少量つけるか、もしくはつけないで食べてもお肉自体に味がついているので美味しくたべることができます。

コームーヤーンはどこで食べることができる?

コームーヤーン

コームーヤーンは元々イサーン地方の伝統料理でしたが、その美味しさはタイ全土に広がり、今ではタイのどこでも気軽に食べれるようになりました。

タイ料理店であればたいていのお店にコームーヤーンがあります。

タイ料理店だけでなく、

  • 屋台
  • フードコート
  • マーケット
  • レストラン

など、コームーヤーンはどこでも食べることができ、味もお店によってさまざまです。

メニューの英語名に『Grilled pork neck』と書いてあれば、それがコームーヤーンなのでぜひ注文してみてください。

コームーヤーンに合うビールはなに?

タイ ビール

タイにはビールに合う料理がたくさんありますが、中でもコームーヤーンはビールとの相性が抜群です。

タイではアメリカや日本のビールも広く販売されていますが、やはりせっかくタイに旅行しているのであれば、タイのビールを楽しみたいですよね。

そこで今回おすすめするのが『FEDERBRAU フェダーブリュー』です。

像のマークでおなじみのチャーンビールの高級ブランドがフェダーブリューで、プレミアルビールとして人気上昇している注目のビールです。

味は炭酸が強めで、タイの蒸し暑い気候にぴったりです。

関連記事

  1. ラープトート

    タイ料理:ラープトート(ลาบทอด )

  2. ネームヌアン

    タイ料理:ネームヌアン(แหนมเนือง)

  3. タイ料理:ガイヤーン(ไก่ย่าง)

  4. タイ料理:パークペットード(ปากเป็ดทอด)

  5. タイ料理:クアクリンムーサップ(คั่วกลิ้งหมูสับ)

  6. タイ料理:サイウア(ไส้อั่ว)

  7. タイ料理:サテ(สะเต๊ะ)

  8. ムーサテ

    タイ料理:ムーサテ(หมูสะเต๊ะ)

  9. ポピアトート

    タイ料理:ポピアトート(ปอเปี๊ยะทอด)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事