タイ料理:カオ・クルック・カピ(ข้าวคลุกกะปิ)


カオクルックカピとは

料理名 カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)
英語名 Shrimp paste fried rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40〜150バーツ(約120〜450円)
意味 カオ=ごはん
クルック=混ぜる
カピ=エビ調味料
特徴 カピ(エビ調味料)のチャーハン
辛さ ⭐〜⭐⭐(少しだけ辛いタイ料理)

カオクルックカピとはどんな料理?

カピ(小エビから作る発酵調味料)を使ったタイ風チャーハンです。

カピはそのままだとかなり強烈な臭いがしますが、火を十分に通すことで、何ともいえない、まさにタイという香りに変化します。(カピについては後に記載)

カピチャーハンと一緒に、たくさんの具(鶏肉や豚肉、唐辛子、赤玉ねぎ、青パパイヤ、錦糸卵など)が皿に盛られて出てくるので、それらをお好みで混ぜて食べます。仕上げにライムを絞ってかけるのが、美味しくいただくポイントです。

カオクルックカピはどこで食べることができる?

カオクルックカピは有名なな料理ですが、カオパット(タイ風チャーハン)と比べるとメニューにないお店も結構あるので、事前の下調べはしておきましょう。

屋台というよりは、どちらかというと綺麗な食堂やレストランで食べる料理ですが、市場などではパックに詰められたお持ち帰りカオクルックカピが、たくさん売られています。

お店によって結構価格差がある料理なので、綺麗なレストランでは、150バーツ(450円)程度の予算は見ておいた方がいいでしょう。

タイ料理でよく使われる調味料“カピ”とは?

カピ(กะปิ)とは、小エビやオキアミを塩漬けにして、発酵させて作った調味料です。英語では“SHRIMP PASTE”(エビペースト)と呼ばれています。

同じようなタイの発酵調味料ナンプラー(魚醤)は液体、プラーラー(小魚の発酵調味料)はドロっとした半固体ですが、カピはペースト状です。

イメージとしては臭いのきついアンチョビでしょうか。カレーや炒める料理のダシとして頻繁に使われる調味料です。日本でもビン入りカピを通販などで購入できますので、ぜひいつものチャーハンに混ぜてみてください!



関連記事

  1. タイ料理:カオモックガイ(ข้าวหมกไก)

  2. タイ料理:カオマンガイ トート(ข้าวมันไก่ทอด)

  3. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  4. タイ料理:カオジー(ข้าวจี่)

  5. パットガパオムー

    タイ料理:パットガパオムー(ผัดกระเพราหมู)

  6. カオパットナムリアップ

    タイ料理:カオパットナムリアップ(ข้าวผัดหนำเลี๊ยบ)

  7. カオパットトムヤム

    タイ料理:カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)

  8. タイ料理:カオカームー(ข้าวขาหมู)

  9. タイ料理:カオ・オップ・サパロット(ข้าวอบสับปะรด)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事