タイ料理: トムセープ(ต้มแซบ)


トムセープ(美味しい煮物)とは

料理名 トムセープ(ต้มแซบ)
英語名 Thai spicy soup with pork entrails
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 70〜110バーツ(約210〜330円)
意味 トム=煮る
セープ=美味しい
特徴 イサーンのモツ旨辛スープ
辛さ ⭐⭐〜⭐⭐⭐⭐(かなり辛いタイ料理)

トムセープとはどんな料理?

トムセープは豚や牛の内臓、アキレス腱などをハーブで煮込む、イサーン地方の名物スープです。

パクチーやレモングラス、こぶみかんの葉、ナンプラー、唐辛子などが使われるのはトムヤムクンと似ていますが、酸味をつけるのにライムではなく、タマリンドを使います。中に入る肉類もお店によって違っていて、内臓だけではなく骨付きの肉が入ることもあります。

イサーン料理なので、かなり辛い味付けのお店が多い料理です。

トムセープはどこで食べることができる?

トムセープはイサーンではポピュラーな料理なので、バンコクのイサーン料理店でも間違いなく食べることができます。

イサーン屋台では、値段も30〜50バーツ(90〜150円)と安く、少し塩辛い地元労働者向けの味付けを味わえるかもしれません。

タイでは鶏肉や豚肉に比べて牛肉の人気があまりないのですが、ハーブを効かせたトムセープ・ヌア(牛肉のトムセープ)であれば、牛肉がとても美味しく食べられますのでオススメです!

イサーンでは欠かせない食材 クルアンナイ(内臓)

タイ人は肉自体も好きですが、内臓もよく食べます。特にタイ東北部イサーン地方では、内臓を使った料理がたくさんあります。基本的に貧しい層が多い場所柄、内臓は美味しくて栄養のある格好の食材なのでしょう。

クルアンナイを使ったイサーン料理

ゲーンオムヌア(แกงอ่อมเนื้อ):イサーン風内臓煮込み

ゲーンオムとはイサーンの煮込みスープです。味付けは基本的にトムセープに似ています。そこに、ヌア(牛肉)の内臓と血の塊(タイでは血がよく使われます)が入ったコッテリした味付けが人気の料理です。

ラープクルアンナイムー(ลาบเครื่องในหมู):豚内臓のラープ

ラープはイサーンの代表的料理で、ひき肉をハーブやナンプラー、ライム、煎り米粉などで味付けしたサラダです。ラープクルアンナイは、ひき肉の代わりに、豚の内臓を使います。脂肪分が少なく歯ごたえのよさがたまらない一品です。



関連記事

  1. ゲーンヘット

    タイ料理:ゲーンヘット(ข้าวหน้าไก่)

  2. ゲーンセン

    タイ料理:ゲーンセン(แกงเส้น)

  3. チューチークン

    タイ料理:チューチークン(ฉู่ฉี่กุ้ง)

  4. タイ料理:ゲーンチュートタオフー(แกงจืดเต้าหู้หมูสับ)

  5. タイ料理:ゲーンマッサマン【イエローカレー】(แกงมัสมั่น)

  6. タイ料理:ガオラオルーアッムー(เกาเหลาเลือดหมู)

  7. タイ料理:ゲーンペット【レッドカレー】(แกงเผ็ด)

  8. ゲーンノーマイ

    タイ料理:ゲーンノーマイ(แกงหน่อไม้)

  9. マラヤッサイムーサップ

    タイ料理:マラヤッサイムーサップ(มะระยัดไส้หมูสับ)

オススメ記事