タイ料理:バクテー(บักกุ๊ดเต๋)

びじんトマト

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 319

バクテーの詳細

料理名 バクテー(บักกุ๊ดเต๋)
英語名 Chinese Pork Rib Soup
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン
金額 90〜120バーツ(約270〜360円)
意味 バクテー=肉骨茶
特徴 肉骨茶(豚スペアリブの中華風スープ)
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

バクテーとはどんな料理?

バクテーとは、豚のスペアリブ(あばら肉)を漢方ベースの中華スープで煮込んだ、マレーシア・シンガポール発祥の定番料理です。使われる漢方は八角、シナモン、クローブ、胡椒などで、味付けは各地で様々なバリエーションがありますが、タイでは醤油味がベースになっています。

またマレーシアのバクテーは肉と少しの野菜が入る程度ですが、タイではレタスや白菜など野菜がたっぷり入るのが特徴です。

バクテーはどこで食べることができる?

バクテーはタイ南部プーケットやハジャイの名物料理ですので、バンコクで食べようと思うとなかなか大変です。おそらくバクテーを出す店は数件しかないはずです。

幸いバンコクのバクテーの味の評判はなかなか良いのですが、もし本格的にバクテーを食べたいのであれば、南部地方に行った方が確実です。

バクテーはどちらかといえば、中華料理店の1メニューとして出されていることが多いので、いろいろなおかずと一緒に食べられるのも嬉しいところです。

なかなか美味しい!「LOBOバクテーの素」

マレーシアやシンガポールに比べて、バクテーがメジャーではないタイでは、どこでも気軽に食べられるというわけにはいきません。そこで重宝するのが、「インスタントバクテーの素」です。バクテーの素も、マレーシアに比べると数が圧倒的に少ないのですが、LOBOというメーカーのものは、なかなか評判がいいと耳にします。

袋に入ったバクテーの素を水に入れ、煮出してスープにしたら、後は肉を入れて煮込むだけで完成です。値段も18バーツ (60円)とお手頃ですので、お土産にいかがでしょうか。(LOBOバクテーの素

びじんトマト

関連記事

  1. ゲーンソム

    タイ料理:ゲーンソム(แกงส้ม)

  2. タイ料理: トムセープ(ต้มแซบ)

  3. トムヤムポーテック

    タイ料理:トムヤムポーテック(ต้มยำโป๊ะแตก)

  4. タイ料理:ゲーンパー(แกงป่า)

  5. タイ料理:トムカーガイ(ต้มข่าไก่)

  6. ゲーンチューサライ

    タイ料理:ゲーンチューサライ(แกงจืดสาหร่าย)

  7. カポプラーナムデーン

    タイ料理:カポプラーナムデーン(กระเพาะปลาน้ำแดง)

  8. タイ料理:パネーンヌア(พะแนงเนื้อราดข้าว)

  9. チムチュム

    タイ料理:チムチュム(จิ้มจุ่ม)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事