カオタンナータン

タイ料理:カオタンナータン(ข้าวตังหน้าตั้ง)

タイ料理の「カオタンナータン」とはどんな料理?カオタンナータンとはタイの宮廷料理の一つで、おコメをつぶしてせんべい状にしたものを揚げたおこげを、ナムプリックと呼ばれるディップソースにつけて食べる料理です。

カオタンナータンの基本情報

カオタンナータン
料理名 カオタンナータン(ข้าวตังหน้าตั้ง)
英語名 Crispy rice cake witt dipping
食べれる場所 宮廷料理レストラン
意味 カオタン:コメのおこげ、ナータン:のっぺり顔
特徴 コメのおこげのディップ
辛さ ★(辛くないタイ料理)

カオタンナータンとはどんな料理?

カオタンナータン

カオタンナータンとはタイの宮廷料理の一つで、お米をつぶしてせんべい状にしたものを揚げたおこげを、ナムプリックと呼ばれるディップソースにつけて食べます。

お店によってナムプリックの味付けは少しずつ違いますが、基本的にはナンプラーや唐辛子、ニンニク、タマリンドなどで「辛味」と「酸味」をつけたココナッツミルクベースのソースが定番です。

形は小ぶりな丸いタイプと大きめの四角いタイプがあります。

高級感のあるお皿の真ん中にナムプリックが置かれ、その周りにカオタンナータンをぐるりと盛り付けるのが一般的です。

カオタンナータンはどこで食べることができる?

カオタンナータン

カオタンナータンは宮廷料理なので、普通の屋台や食堂ではまず食べることはできません。

基本的には宮廷料理を扱う高級レストランで食べるようになりますが、最近観光客向けに宮廷料理を作っているレストランが以前に比べて増えてきたので、気軽に食べることができるようになりました。

お店によって味付けが特別に変わるわけでもなく、同じ料理でもかなり値段が高くなりますが、庶民的な食堂や屋台が多いタイではとても貴重な体験になるでしょう。

もしかするとタイ料理人気NO.1?「ナムプリック」とは?

ナムプリックカピ

タイには有名料理が沢山あります。

などなど…タイに行ったら必ず食べる料理ばかりです。

日本人には知名度が高くないが、タイの人にとっては絶対に欠かせないという料理も沢山あり、「ナムプリック」はその最もたるものかもしれません。

ナムプリックというのは、簡単に言うと「タイ風のディップ」です。

カピと呼ばれる小エビから作られた発酵味噌に、ニンニクや唐辛子、パクチーなどを混ぜて作ります。

これに野菜や肉をつけて食べればもう何もいらないというくらい、タイ人には欠かせない味なのです。

タイのディップ「ナムプリック」とは?



⇓ すべてのタイ料理をみる ⇓

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. カオパットサパロット

    タイ料理:カオパットサパロット(ข้าวผัดสับปะรด)

  2. カオチェー

    タイ料理:カオチェー(ข้าวแช่)

  3. カオニャオ

    タイ料理:カオニャオとは!【美味しい炊き方も解説】

  4. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  5. カオトム

    タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

  6. カオホーバイブア

    タイ料理:カオホーバイブア(ข้าวห่อใบบัว)

  7. タイ料理:カオパット(ข้าวผัด)

  8. ガパオ

    タイ料理:ガパオ(กะเพรา)

  9. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事




Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/thainavi/thailand-navi.com/) in /home/thainavi/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2124