タイのお菓子:カノムブアンユアン(ขนมเบื้องญวน)


カノムブアンユアンの詳細

料理名 カノムブアンユアン(ขนมเบื้องญวน)
英語名 Vietnamese Savory Crepe
食べれる場所 屋台
金額 20〜30バーツ(約60〜90円)
意味 カノム=お菓子
ブアン=〜の
ユワン=ベトナム
特徴 ベトナム式クレープ
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

カノムブアンユアンとはどんな料理?

カノムブアンユアンはベトナム式のクレープで、薄く焼いた小麦粉の生地に、もやし・卵・エビなどを乗せて再度パリッと焼き上げます。味付けは普通のクレープのように甘くはなく、韓国のチヂミのように、しょっぱいタレにつけて食べるのがタイスタイルです。

また、タイではクレープ類は、大量の油で揚げるように火を通すことが多いので、油っこくて、くどいイメージがありますが、カノムブアンユアンは、油っこいイメージとは裏腹に、案外あっさり味です。きっとおやつ感覚で、ペロリと食べてしまうはず。

カノムブアンユアンはどこで食べることができる?

カノムブアンユアンは、元々ベトナムから伝わったとされる料理です。ですが今では、しっかりとタイの料理として根付いており、どこに行っても「買えなくて困る」ということはないでしょう。料理の性質上、レストランやフードコートで食べるより、屋台で買って自宅に持ち帰って食べるのが一般的です。

ごはんではなく、アルコールとの相性が抜群です。ぜひビールと一緒に食べてみてください。

ベトナムのカノムブアンユアン「バインセオ」とは?

カノムブアンユアンは、ベトナムから伝わった料理です。当然、オリジナルの呼び方はタイとは違っていて、ベトナムでは「バインセオ」と呼ばれています。料理自体の味付けや具材は、どちらもほとんど同じなのですが、食べ方がかなり違います。

カノムブアンユアンは、そのままタレにつけて食べます。ベトナムでもタレにつける食べ方は一緒ですが、レタスのような野菜で手巻きにするのが特徴。ベトナム式の方が野菜がたくさん摂れて、ヘルシーかもしれませんね。

関連記事

  1. カオクリアップ パークモー

    タイ料理:カオクリアップ パークモー(ข้าวเกรียบปากหม้อ)

  2. タイのお菓子:カオラーム(ข้าวหลาม)

  3. カノムパンナーム

    タイ料理:カノムパンナーム(ขนมปังหน้าหมู)

  4. クルアイピン

    タイのお菓子:クルアイピン(กล้วยปิ้ง)

  5. タイのお菓子:フォイトーン(ฝอยทอง)

  6. カノムコー

    タイのお菓子:カノムコー(ขนมโค)

  7. カノムターン

    タイのお菓子:カノムターン(ขนมตาล)

  8. クルアイトート

    タイのお菓子:クルアイトート(กล้วยทอด)

  9. カノムドークジョーク

    タイのお菓子:カノムドークジョーク(ขนมดอกจอก)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事