タイ料理:ガイパッキン(ไก่ผัดขิง)

タイ料理のガイパッキンは鶏料理のひとつ。(ガイ:鶏)(パッド:炒める)(キン:生姜)で『鶏肉としょうがのタイ風炒め』になります。鶏肉と生姜をキクラゲや玉ねぎと一緒に、ナンプラー、オイスターソース、砂糖などで炒めた中華系タイ料理です。


ガイパッキンの基本情報

ガイパッキン
料理名 ガイパッキン(ไก่ผัดขิง)
英語名 Stir-fried chicken with ginger
食べれる場所 屋台、食堂、フードコート
意味 ガイ:鶏、パット:炒める、キン:生姜
特徴 鶏肉と生姜炒め
辛さ ★★〜★★★(少し辛いタイ料理)

ガイパッキンとはどんな料理?

ガイパッキン

ガイパッキンとは、鶏肉と生姜をキクラゲや玉ねぎと一緒に、ナンプラー、オイスターソース、砂糖などで炒めた中華系タイ料理『鶏肉の生姜炒め』です。

鶏肉はモモ肉をたっぷり入れているのですが、ガイパッキンは生姜の料理なんです。

千切りした生姜はさっと炒めただけの場合が多く生姜らしさが残っている料理なので、生姜が苦手な人には苦手な料理かもしれません。

ただ、タイの生姜は辛味がマイルドなので、生姜に苦手意識がある人でも食べれることも!

ぜひご飯にかけて挑戦してみてください。

ガイパッキンはどこで食べることができる?

タイ 惣菜

ガイパッキンは、

・屋台
・食堂
・フードコート

など、どこでも食べることができ屋台でも気軽に購入することができます。

屋台では惣菜屋台はおすすめで、惣菜屋台は文字通り惣菜を専門に扱っている屋台で、店先にずらりと並んだ惣菜から好きなものを選び、ご飯にかけていただくのがタイの惣菜専門店スタイルです。

惣菜屋台であれば事前に作ってあるものを見て注文できますし、タイ語が分からなくても指を差して簡単に注文できるので、ガイパッキン以外にも色々なものを試してみてはいかがでしょうか。

トムヤムクンにも使われるタイの生姜『カー』

タイ 生姜

ガイパッキンのように、タイで生姜はよく使われる食材です。

一口に生姜といってもタイにはたくさんの種類があり、ガイパッキンにはいわゆる日本の生姜とほぼ同じものが使用されます。

その他に、タイでは、カーと呼ばれる生姜(英語名ガランガル)がよく使われます。

カーの中でもまた種類があるのですが、日本の生姜と比べて大ぶりで断面が白く、辛味も強いのが特徴です。

カーはトムヤムクンに使われることで有名ですが、すりつぶして色々なカレーに入れたり、トムカーガイなどのスープ料理にも使われます。

トムカーガイは名前の通り、トム=煮る、カー=タイ生姜、ガイ=鶏肉と、鶏肉と生姜のココナツミルクスープで、タイではタイ人はもちろん、日本人や外国人にとても人気のあるタイ料理です。


⬇︎⬇︎⬇︎


関連記事

  1. タイ料理:カノムジープ(ขนมจีบ)

  2. タイ料理:タップガイヤーン(ตับไก่ย่าง)

  3. サイウア

    タイ料理:サイウア(ไส้อั่ว)

  4. タイ料理:ガイホーバイトゥーイ(ไก่ห่อใบเตย)

  5. ムーサロン

    タイ料理:ムーサロン(หมูโสร่ง)

  6. ムーサテ

    タイ料理:ムーサテ(หมูสะเต๊ะ)

  7. ポピアトート

    タイ料理:ポピアトート(ปอเปี๊ยะทอด)

  8. タイ料理:クアクリンムーサップ(คั่วกลิ้งหมูสับ)

  9. ガイオップオーン

    タイ料理:ガイオップオーン(ไก่อบโอ่ง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事